エアコンが臭う原因

暑くなりエアコンを久しぶりにつけたとき、エアコンからの送風が臭う!という経験はないですか?

臭う

エアコンからの臭い、あの臭いは何なのか。いろいろな臭いの原因が考えられます。その主な原因はというと・・・

【カビ臭い】エアコン内部は結露によりカビが発生します。その発生したカビの臭いが原因になります。

【酸っぱい臭い】エアコンは室内の空気を取り込んで送風しています。酸っぱい臭いがする場合は人間の汗やペットなどの生活臭の原因が多いです。

【タバコのヤニの臭い】室内でタバコを吸う方はヤニがエアコン内部にも入りこみ臭いの原因になります。

【ホコリっぽい臭い】エアコンにはホコリが溜まります。フィルターや熱交換器にも蓄積されそのホコリが臭いの原因になります。

その中で一番多い原因はカビと言えます。

エアコン内部、ドレンパンにも溜まったカビ汚れなどからきていたりします。一度カビが発生しだすと掃除をしないと除去できません!

エアコン MU-1

エアコンがカビ臭い!と感じたのならば、もうエアコンクリーニングをするしか解決策はありません。エアコンクリーニングをしてきれいになった状態から、カビの発生を抑え方法はありますので、その方法でカビの発生を抑えていき、エアコンを快適に使用していきましょう。

 

エアコン内部のカビを抑える方法は『送風運転』です。

送風運転とはエアコン内部を乾燥させる機能です。コンプレッサーは稼働せず、ただ空気を吸い込みシロッコファンで送風します。扇風機と同じ感じです。エアコンの一番エネルギーを使うコンプレッサーが稼働していないので、電気代もかかりません。『内部クリーン』も同じ機能です。

冷房運転を使用するとエアコン内部の熱交換器に結露が発生します。吹き出し口にも冷風が当たっているのでエアコンを切ると温度差で水滴が発生します。そしてカビの発生になっていきます。

なのでエアコンを切ったとき、この送風運転でエアコン内部に空気を通し、エアコン内部、吹き出し口を乾燥させてカビの発生を抑えていきます。

最新のエアコン、お掃除機能付きエアコンなどには使用後に自動で送風運転にできるエアコンがほとんどです。

エアコンの冷房を使用した後には、この送風運転を30分ほどして、エアコン内部を乾燥させてカビの発生を抑えていきましょう。